読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある一家の猫物語

我が家の猫事情とたまに趣味の事。

ペットのおうち いつでも里親募集中

もっと食べようよー(´・ω・`)

一昨日、昨日とまめたろうの食欲が少し落ちた。

正確には、
 
食べたい気持ちはあるけど量が更に食べれない状態。
 
食事中または食後に必ず呼吸が乱れる。
慌てて食べるから息するのを忘れるのが常。
それに加えもう要らないって意味のドタバタと、餌まみれの顔を拭かれるのが嫌なドタバタが合わさってかなりの興奮状態になる。
そのせいでかなり呼吸が苦しくなるのだ(´・ω・`)
膝に抱えて背中をさすりながら声をかけてるうちにおさまってはくるものの、本人はかなりしんどいのだろう。
ちょっと前までは休憩をしながらでももう少し食べたのに、今は休憩=食事終了になってしまっている。
 
なのでまめがにゃあ(声は出ていない)と鳴けばとりあえず餌を与える。
一口でも食べればそれでいい。
苦しい思いをさせてまで食事をさせていいのか?と自問自答しながらも
やはり少しでも長く一緒にいたいし、出されればちょっとでも食べようとするまめたろうには生きようとする気力があるんだと思って餌を与え続けたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いろんな方にこのブログを見て貰い、たくさんご意見を頂きたいのでランキングご協力お願いしますm(__)m

 

にほんブログ村 猫ブログ

にほんブログ村 猫ブログ 障害猫へ
にほんブログ村