読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある一家の猫物語

我が家の猫事情とたまに趣味の事。

ペットのおうち いつでも里親募集中

ネコの風邪

引き取った直後はまだ目立った風邪の症状はありませんでした。

(おばあちゃん曰くたまにくしゃみをしていた)

 

当日と翌日はかかりつけ医がお休みで3日目に初病院。

この頃には風邪の症状が如実に現れていました。

鼻水、目ヤニ、くしゃみ…そして結膜炎。

先生の診断は猫ヘルペス

以下参照↓

猫ヘルペスウイルス感染症|猫感染症研究会

 

インターフェロンと風邪薬の投与しつつ、結膜炎による癒着をこれ以上悪化させないために軟膏を塗り目を開く作業を一日5~7回。

 

まめたろうは右目のみでしたが、小梅は両目ともが結膜炎を起こしており、最悪なことにほんの一晩で右目が完全癒着。

まさか寝ている間にここまで癒着するとは思わなかったです…。

こうなれば素人の自分には開くことはできず成すすべ無し。

左目はかろうじてうっすら開くので、こちらだけでも見えるように保ちたいと1~2時間おきに軟膏を塗っては目を開かせることにしました。

 

ナルガを拾った時も猫風邪にやられていたが(ナルガは家の裏の小屋で親に置き去りにされていた)ここまでは酷くなかったし、もともと丈夫な子だったのかもしれない。

 

結局、まめたろうが完治するまでに1か月ちょっと掛かりましたね。

 

f:id:amou-gr-0413:20160720122000j:plain

キャットタワーで遊ぶまめたろうと小梅

f:id:amou-gr-0413:20160720122020j:plain

おまけ♪ 1年前。拾ってきたばかりの時のナルガ。

 

 

 

 

 

いろんな方に見て貰い、ご意見を頂きたいのでランキングご協力お願いしますm(__)m にほんブログ村 猫ブログ