読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある一家の猫物語

我が家の猫事情とたまに趣味の事。

ペットのおうち いつでも里親募集中

まめたろうと小梅とナルガ

さて、先住猫ナルガと子猫たちの初対面に時についてちょっとお話ししますね。

 

キャリーバッグに入って我が家に来た2匹。

すっ飛んで来たナルガ。

 

キャリー越しにご対面。

自分以外のネコは縁側の窓越しに見かける近所の野良猫さんくらい。

他のネコの匂いも知らないナルガには試練になるかもしれないと危惧…していたのだが

唸ったり警戒することもなくキャリー越しの子猫に興味津々。

一生懸命匂いを嗅ぎ、うにゃうにゃと小さく鳴きながら子猫のそばをウロウロ。

 

初日はさすがに接触させられないので子猫たちはケージの中へ。

ネコを自由にさせてあげれる部屋は3つしかなく、そのうちの1か所にケージを設置してあるのでナルガはケージ越しに子猫たちを眺めることになった。

一応、ケージ周りに布をかぶせ、目隠しというか…家が古いので隙間風がひどく、さらに山奥なので5月でもかなり涼しいため寒さで風邪が悪化しないようにしてあった。

 

2日目…御飯タイムの後に運動がてら子猫たちをケージの外に出す。

子猫たちの予測不可能な動きにびっくりはしたものの、いじめるってことはせず、子猫が加減を知らない噛み方やじゃれ方をするとちゃんと叱っている(笑)

自分は人間対して容赦なく噛むくせに(笑)

時折、毛づくろいをしてやったり、走り回る子猫を遠目に見守ったり…すっかりお兄ちゃん気取りのナルガ。

成長したついでに私たちに噛みつくのもやめてくれないかしら?(笑)

 

youtu.be

 

 

f:id:amou-gr-0413:20160720112734j:plain

 

 

 

 

 

 

いろんな方に見て貰い、ご意見を頂きたいのでランキングご協力お願いしますm(__)m にほんブログ村 猫ブログ